TOKYO NAIL+ COLLEGEで学べるダイヤモンドジュエリーネイルは、単なるアート技術だけでなく、実際にサロンで再現できる他にはない「大切な成功ノウハウ」もお伝えするものです。初めてこの技術を知る方も、知ってはいるけれどもその実態を知らない方も、その技術の本質や魅力をぜひ感じてください。技術を身につけて、一緒にスキルアップしましょう!

お客様にとって

・まだ知らない技術を知ることができる
・満足度の高い技術を受けることができる
・そのサロンに行く理由が明確

 

ネイリストにとって

・新しい技術を身に付けることで自分の可能性を広げることができる
・まだ知られていない技術をお客様に教えてあげることができる

 

経営者にとって

・この技術を受けることができるサロンが少ないので、リピート率が格段に上がる
・自然な形で『施術+物販』ができるので、今までの2倍から10倍の客単価が見込める

 

お客様にとって

△他では天然ダイヤモンドネイル施術を受けることができないから浮気できない
→ ◎リピートにつながる

 

ネイリストにとって

△新しい技術を覚えなくてはいけない
→ ◎やりがいにつながる

 

経営者にとって

△導入の際、費用がかかる
→ ◎他店との差別化がハッキリし、良客との出会いのきっかけとなる
→ ◎導入後客単価が2倍から10倍になる

 

サロン概要
席数/3席
スタッフ数/フルタイム1、アルバイト3
最寄駅より/徒歩7分

オーナーコメント
「やらないと思っていたお客様がダイヤモンドをたくさん買われて、お客様のお財布の中身を勝手に想像していたことに気が付きました。」
 

サロン概要
席数/2席
スタッフ数/フルタイム1、アルバイト2
最寄駅より/徒歩1分

オーナーコメント
「悪くない単価に満足していたけれど今までの常識ではありえない単価にびっくりしています。物販への苦手意識もなくなり、数をこなさなくてはならないという切迫感がなくなりました。」
 

導入サロンのネイリストの声


接客が変わった

天然ダイヤモンドのような高価なものをを取り扱うようになってから、正直自分の動作が変わりました。それに伴いお客様のお褒めの言葉も多くなったと思います。今までが悪かったわけではないと正直思いますが、天然ダイヤモンドを扱う技術者としてふさわしくなりたいと思った結果だったと思います。今はほぼ指名のお客様の施術をしています。(歴12年38才)

お客様の笑顔が増えた
ダイヤモンドジュエリーネイルを楽しまれるお客様が、次は何しよう?と楽しみにご来店下さるようになりました。「パワーストーンを指先につけていることからいいことがあった!」と報告もたくさんしてくれるようになりました。お客様との距離が縮まったように思います。(歴5年31才)

マンネリがなくなった
ダイヤモンドジュエリーネイルを勉強して、驕っていた自分に気が付きました。ネイリスト歴11年、もうそろそろ技術者としても飽きてきたなと思ったところに出会った技術でした。技術自体は難しくないものの、奥が深く、より客様を感動させたい!とダイヤモンドを輝かせるために頑張っていることに気がついた時、ネイリストになったばかりの頃の気持ちを思い出しました。勉強してほんとによかったです。(歴11年40才)

別に興味ないし…と思っていたのは自信のなさだった
天然ダイヤモンドをアートするためにはベースがしっかりしなければいけない…ということから基礎の見直しをしました。ダイヤモンドネイルの技術を身に付けると同時に基礎技術が上がったので、お客様に褒められることが増えました。上手くなったと思っていたけれど、まだまだだったことにも気がついてよかったです。他のネイリストとも差別化されるようになり、自分に自信がつきました。(歴4年27才)

売上げられる自分に価値があるように感じられた
苦手だった物販を無理にしなくても、お客様が自分からお買い求めいただけるので、客単価がびっくりするほど上がってお会計の時に嬉しくなりました。数多くこなさなければいけないと言う気負いがなくなり、一人ひとりのお客様にしっかりと向き合えるようになりました。売り上げを上げることができるネイリストになれたことが、やりがいにもつながりました。(歴3年25才)

良質なお客様と出会え、サロン運営が楽になった
ダイヤモンドジュエリーネイルをやらない方が多いだろうと思っていましたが、天然ダイヤをつけている私の手を見て「やってみたい」とおっしゃっる方もいて、自然と単価が上がってきました。ダイヤモンドジュエリーネイルを導入しただけなのに、高いサロンだとお客様が思ってくださったようで良質と言われるお客様に出会えるようになりました。「天然ダイヤモンドを増やせばこんなデザインができるのね」とInstagramを見て天然ダイヤモンドを購入くださる方も増え、サロン運営がとても楽になりました。(歴8年34才)
 

天然ダイヤモンドをただアートするだけなら、ネイリスト誰にでもできます。しかし、美しく魅せ、お客様を夢中にさせる唯一無二のアートにするには、天然ダイヤモンドの構造や輝きの理由を理解し、アート方法を学び、本当に美しい作品を見なければ再現は難しいと思います。
ダイヤモンドジュエリーネイル第一人者である内藤姉保は、長年の指導経験を元に、誰もが習得しやすいアートメソッドを確立しました。ダイヤモンドジュエリーネイルのアートは「アート分野の技術」になりますので、最低限のジェルの基礎知識技術は必要ですが、それさえあれば学ぶことは可能です。また、マンツーマンで技術アドバイスを受けることができますので、未経験者でも上達が格段に早いです。本物の技術は、本物の技術を伝え続ける技術者から是非学んで下さい。

 

技術を学んだ後は、好きな時間にマンツーマンで導入指導を受けることができます。導入指導は半年間。しっかり導入・販売できるまで、手を離さずサポートします。
ダイヤモンドジュエリーネイルは、技術として持っていても、その販売方法を知らなければ、飛躍的な売上にはつながりません。約7年に渡り実践してきた独自の販売方法を身につけ、差別化されたダイヤモンドジュエリーネイルメソッドをしっかり身につけて下さい。

内藤姉保主催の「ダイヤモンドコート無料体験説明会」に下記からお申し込み頂けます。オンラインでも体験可能です!


プロフェッショナル
ダイヤモンドジュエリー
ネイリストコース

天然ダイヤモンドをアートする本物の技術を極める

ダイヤモンドジュエリーネイルを勉強し技術を身につけることができます。基礎技術だけでなく応用技術、実際の提案販売促進方法も学べるのでそのままサロンへ導入可能。物販利益300%を狙いたい方におすすめです。
・半年間6回の面談サポートつき

習得目標

基礎技術チェック・ダイヤモンドネイル技術と販売経営の全て

基礎知識予習オンライン

11コンテンツ

ダイヤモンドの予習復習コンテンツ

実践対面講義(オンライン受講可)

8講義(20時間)

■基礎実習時間:15時間
 ①ダイヤモンド基礎知識・基礎技術
 ②BasicデザインⅠ
 ③BasicデザインⅡ
 ④BasicデザインⅢ
 ⑤AdvanceデザインⅠ(技術チェック)
 ⑥AdvanceデザインⅡ(技術チェック)
■タイムトライアル(試験):2.5時間
 ⑦基礎デザイン3種
■デザイン:2.5時間
 ⑧プレシャスデザイン  
オンライン(ZOOM)でも受講可能!!

費用

390,500円(税込)

費用内訳
■受講料/242,000円(税込)
■教材費/148,500円(税込)
■サロンオープンサポート費/無料

【教材には以下のものが含まれます】
テキスト/天然ダイヤモンド31石/トレー/洗浄キット/ディプロマ代 【サロンオープンサポートには以下のものが含まれます】
技術習得後、ZOOMによる導入・販売サポートおよびダイヤモンドジュエリーネイルサロンの作り方などの指導(6回)/商材・見本チップ制作品割引購入/オングルビージュウ購入権利/ダイヤモンドジュエリーネイル写真提供/スクールが考えた毎月のキャンペーン案共有/LINE相談(半年間)

修了者特典
ダイヤモンドジュエリーネイルを学んだ後は、メンバー価格で天然ダイヤモンドおよびキットが購入可能です。
天然ダイヤモンドを独自で仕入れたいという方もいらっしゃるかと思いますが、天然ダイヤモンドを揃った品質(4C)・パビリオンの高さ・輝きなどを考えても、仕入れ先を特定するのは実際はかなり困難です。
お客様にご提供する以上、同一レベルの天然ダイヤモンドを常に仕入れることができる環境が必須となりますので、是非スクール卒業生だけが利用できるサービスをご利用下さい。
天然ダイヤモンドは、0.07ct以上は鑑定書(別料金)を出すことができる品質を全ての天然ダイヤモンドにおいて誇っておりますので、ご安心ください。

導入サロンのメリット
半年間の導入サポート以外にも、毎月キャンペーンを打つタイミングでの「お薦めキャンペーン企画の共有」や、お得な貴石販売、サポートツールなど、すぐにサロンで活用できるものばかりを随時配信していきます。また、販売方法などで分からないことがあれば、いつでもラインでご質問いただくことが可能です。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
なおダイヤモンドジュエリーネイル導入サロンですが、顧客の奪い合いによるサロン側の消耗を防ぐため各エリアごとに一店舗のみ導入可能とさせて頂いておりますので、天然ダイヤネイルのメニュー導入にご興味をお持ち頂けたサロンオーナー様はお急ぎお問い合わせください。
まずは下記の無料体験会に参加されて、具体的にどのようなものであるかを体験いただくことから始めることをお勧めします。